縞4.jpg

大吉山山頂

C4-1 0212(C)安田晋_大吉山⑦-edit.jpg

monologue

すすむ

ひさびさに会いたい、と連絡がきた後輩と

“待ち合わせた”のは、山の 頂上だった

 

なにか、込みいった はなしなら

どうせなら、外で再会するのが いい、とおもって

すこし、いや だいぶ、寒いけれど 向かっている

 

ぼくに、なにか 相談したいのだろうけど

ぼくに、相談したところで

どうにもならないよ、という風に おもいつつ―――――

dialogue

すすむ×かく

 ……(――すすむとかくは、山の頂上にいる)

すすむ 鳥に餌づけする、って ああいうかんじなんだなあ

かく  手のひらに、ああやって のるんですね、鳥って

すすむ そうだよなあ、しかもパンのカスとかで ねえ?

    さっき、おつまみあげてみたけど なかなか、ねえ?

かく  かわいいなあ

すすむ うーん で、どうなの?

    深刻そうな、はなしのようだったけれど

かく  どうでもよくなりましたね

    この風景のなか、安田さんに 会ったら
 ……