三条京阪駅

縞2.jpg
C1-2 0212(C)森史佳_三条京阪①-edit.jpg

monologue

ふみか

高校での時間も のこりわずかとなった

もう、週にいちどしか 訪れない教室も

いまとなっては、だれかと “待ち合わせ”をする場所 だったかもしれない

 

制服のこととか

いろいろおもうことは 絶えないけれど

おもっていたよりも、ずっと たのしかった

 

そういえば、あまり 背は伸びなかった

もうすこししたら わたしも、大学生か―――――

dialogue

ふみか×あい

 ……(――ふみかは駅で“だれか”を待っている。あいがやってくる)

ふみか おお、遅いよー なんだよー

あい  ごめんごめん

ふみか 言ってたカフェ、予約しておいたよ

あい  え、予約が必要なところだったの?

ふみか そうだよ! なんだとおもってたの

あい  そうか、そうなんだ ごめん

ふみか だって、ベッドで スイーツが食べれるんだよ

    どうかんがえても 予約、必要でしょ そういえば、誕生日 おめでとう

あい  あ、そういう意味で!? ありがとう

 ……