縞3.jpg
 

修学院小学校 正門

C3-4 0213(F)修学院小学校②-edit.jpg

monologue

あやの

先生に、バレたら怒られる

子どもだけで行ったらダメな池に 

正門のところで“待ち合わせ”をして

 

靴箱のところで話したら、よくないから

監視の目が薄れる場所にて、約束をして

向かったのは、宝が池

 

バレないように行くという

醍醐味を、噛みしめながら―――――

dialogue

あやの×てるは

 ……(――あやのとてるはは、正門前で話をしている)

あやの あの先生、神経質で 嫌だわあ

てるは わかるよー わかりすぎるよー

あやの だって、わたしだって 習字、習ってるしさあ

    わたしが習字、習ってること知ったら

    あのひと、ぜったい 手のひら返すよ

てるは ぜったいに、そうだとおもう 気持ち悪いわあ

あやの 特定の子には、甘いのにさあ

    わたし、おもうんだよね 

    ああいう、オトナには ならないって

 ……