桂駅プラットホーム

縞2.jpg
C1-4 0213(F)菅江慧_阪急桂駅①-edit.jpg

monologue

けい

おたがいの事情とか、近況とかを

なにも気にせずに、話すことができる仲って

やっぱり、いいとおもう

 

歩き回って、夢中になって 写真を撮りたい

川がきれいなところに

古めかしいトロッコが、走っていく

 

そんな風景を想像しながら

“待ち合わせていた”のは、桂駅のプラットホームで―――――

dialogue

けい×ふみか

 ……(――けいは駅の構内にいる。そこへふみかがやってくる)

ふみか ああ、待った?

けい  ううん、ぜんぜん

    というか、たぶん おなじ電車だったかも

ふみか そうか、乗り換えのところだもんね ここは

けい  やー、わくわくするなあ

ふみか するねえ

けい  やっぱりさあ なんだかんだで

    ありきたりなことを言うようだけど、自然が好きなんだよね

ふみか うん、ほんとうに それはそうおもうよ

 ……