縞3.jpg

四条河原町 交差点

C2-5 0212(D)四条河原町⑧-edit.jpg

monologue

さだよ

あれはいつだったか、若いころ

交差点だった 彼女が来るのを

「きはるかなあ」と待ちわびて

 

日陰のところで、待っていた

交差点の向こうに、彼女が見えると うれしくて

 

あのころは、生地を買って

服を縫うしかなかったから

あの通りの、あの生地屋さんが安かった なんて話して―――――

dialogue

さだよ×ひろこ

 ……(――さだよが待つ場所へ、ひろこがやってくる)

さだよ 遠くから見ても ひろこさんだって、わかったよ  

ひろこ ああ、そう? ごめんね、すこし遅れて

さだよ いやいや、いいんだよ そんなことは

ひろこ それにしても、暑いねえ

さだよ ちいさいころさあ

    お父さんが、野球につれてってくれる って言うんだけど

    炎天干しの日でさあ 炎天干しだから、嫌だって言っても

    「アイスキャンディ買うたるで」って 連れていかれたなあ

ひろこ さだよちゃん、おはぎも好きだもんね?

 ……