太閤口前 金の時計台

縞2.jpg
名古屋駅時計台①-edit.jpg

monologue

たけし

地元の名古屋 金の時計台で、いままで

どれだけのひとたちと“待ち合わせ”しただろう

大学時代に待ち合わせをした、ふたりは

 

演劇部で、いっしょだった

会うと、かならず 演劇のはなしをしていた

作品は、どうなるか どう演じるか

 

でも、振り返ってみると

おたがい、どんなことをかんがえていたのだろう―――――

dialogue

たけし×かく

 ……(――たけしは金の時計台のところにいる。そこへかくがやってくる)

たけし ひさしぶりだね

かく  ひさしぶり

たけし うーん、なかなか話せてなかったからさあ

かく  たしかに、そうだね

たけし まあ、いくら話していても

    表面化しないことって、あるとおもうんだけど

かく  なにそれ

たけし いや、べつに

かく  じゃあ、行こうか 京都

 ……