東京駅

縞2.jpg
東京駅

monologue

まり

片おもいをしていた男性が、東京へ行ってしまった

わたしもついて行ってもいいですか

東京へ 行ってもいいですか、と

 

まあ、ダメだとおもって 手紙を書いてみて

しばらく文通は、つづいたけれど

すこしして返事がこなくなって、途切れてしまった

 

東京駅で“待ち合わせ”がしたかった

冬だったのを、憶えている―――――

dialogue

まり×きよみ

 ……――まりは勤めている病院にいる。きよみがやってくる)

きよみ おつかれさま

まり  おつかれ

きよみ 彼、行っちゃったね 東京

まり  そうだね

    あの、しょぼくれたバイクも もう見れないのか

きよみ そうなるか

    そういえばさあ、『風と共に去りぬ』って、観た?

まり  観てない

きよみ 観たほうがいいよ、わたしは放心状態になったよ

 ……