縞3.jpg

ロームシアター 蔦屋書店前

C2-3 0211(A)蔦屋書店②-edit.jpg

monologue

ひろみち

横浜に 住んでいたころは

横浜駅 相鉄口の交番のまえで

よく ひとと“待ち合わせ”をしていた

 

現在は 妻と子と、待ち合わせをしている

妻は、司書をしているから 本に、詳しい

 

きょうも、彼女は本屋へ 行ったあとに

ぼくと、ここで合流する

広場で、なんかやっていて にぎやかだ―――――

dialogue

ひろみち×みお

 ……――ひろみちがいるところへ、妻と子がやってくる)

ひろみち おお どうだった? なんか、いい本あった

みお   まあね

ひろみち だよね

みお   そんな顔してたっけ?

ひろみち え?

みお   老けたなあ

ひろみち なんだよ なんで、そういうこと言うんだよ

     にしてもさあ、ベルバラって どうしてあんなに進まないんだろう

みお   それは、あなたの 感受性の問題なんだとおもうよ

 ……